[北大河原/寺社]東光寺跡(Trace of Toko Temple)

春光寺の隣に、かつて、大河原小学校がありました。現在は廃校跡が広場となっています。下の写真で、右側は、大河原小学校跡地です。墓地と小学校跡地の間の道を奥へ行きます。

 

 

小学校跡地の奥に、小さな公園があります。

 

 

その公園よりさらに奥、一段高いところに、長方形の広場があります。ここが、東光寺跡(実際にはもっと広い)です。

 

室町時代なかばの応永年間(1394~1428)に創立し、いったん衰退したあと、江戸時代はじめの寛永年間(1624~1644)に中興されました。もともと浄土宗でしたが、江戸時代に禅宗の臨済宗東福寺の末寺となりました。柳生家旧記によると、東光寺の本尊薬師は柳生家士、郷士の本尊であったと伝えられます。ここでも、柳生家との関係がみられます。

 

江戸時代末期、天保12(1841)年に火災にあい、宝物も焼失しました。5年後に本堂が再建されましたが、明治になると無住となり、衰退し、その後しばらくして廃絶しました。

 

 

広場はフェンスで囲まれていますが、南端から外へ回ることができ、小さな道があり、赤い鳥居が見えます。

 

 

終点には、稲荷社があります。明治29(1896)年に書かれた東光寺境内見取図では、この稲荷社も東光寺に含まれていました。お寺はなくなり、稲荷社だけは残った、ということです。ここは今なお、大切に祀られています。