[南大河原/自然]白滝明神(Shirataki Myojin)

大河原大橋から高山ダムへ向かう府道の中ほど、下のような説明板があります。左が「明神の滝」、右が「弓が淵」とされています。

 

 

ちょうどこの位置から川の向こうをみると、大きな岩が見えます。

 

 

小山のような大きな岩盤です。「殿様石」と呼ばれます。水流の内側にあって、浸食からとりのこされたのでしょう。岩の上には赤松がはえています。このあたりの水域は静かですが、ここを過ぎると、川の中に岩がころごろしており、急流の難所(明神の滝)となります。木津川は、古代より、水運として利用されてきました。航行の無事と安全を祈って、殿様石の向こう側の岸に白滝明神として祀られていました。(現在はなくなっています)

 

 

現在は、木津川が水運として利用されることはなくなりましたが、近年、全国的に大雨などによる災害が頻発しています。自然への畏敬の念は持ち続けたいものです。