[南大河原/自然]夢絃峡(Mugenkyo)

大河原大橋から高山ダムへ府道が通っています。高山ダムの1kmほど手前(北側)に、木津川方面へ下る道があります。

 

 

そこへ入ると、夢絃峡(むげんきょう)の説明板があります。

 

説明板より
夢絃峡

 

伊賀川と名張川が静かに合流する木津川のみなもと。

平安のむかし、大和の国司絃之丞と名張郡司の姫・夢姫が熱烈な恋愛に落ちましたが、親に反対され許されない恋と知った二人は永遠の愛を誓ってこの谷に身を投げたという美しくも悲しい言い伝えがあります。

二人の名前にちなんで名付けられた「夢絃峡」は静寂な景勝のこの地の地名になっています。

 

南山城村商工会

 

 

坂を下ると、木津川が見えます。ここから先が夢絃峡です。

 

 

下の写真、中央やや左にみえるたてものは、民宿・鶴乃家です。ここで、左から来る木津川と、右から来る名張川が合流します。

 

 

下の写真が合流地点です。2つの大きな峡谷が1つに合流した大きな峡谷で、両岸は険しい断崖で森林におおわれています。

 

 

散策路を奥まで行くと、高山ダムの下にでます。ここが終点で、引き返します。

 

 

鶴乃家付近の夏・秋・春の様子です。