[北大河原/石造物]三社託宣碑(Stone of Kami)

旧国道163号線を、大河原大橋付近から東へ1kmほど行くと、「開拓道路(通称)」があります。下の写真、中央あたりで右へ入ります。

 

 

下の写真のように、自動車1台が通れる程度の道がつづら折れに登っていきます。

 

 

ここから700メートルほど登ると、道ばたに石碑が建っています。少々わかりにくく、宝探しのような気分になれるかもしれません。

 

 

これが、三社託宣碑です。

正面の銘文は

八幡大菩薩

天照皇太神宮

春日大明神

とあります。

右側には、「寛政6(1794)年11月吉日」と記されています。

 

三社託宣とは、天照大神・八幡大菩薩・春日大明神の託宣を一幅に書いたもので、徳目はそれぞれ、正直・清浄・慈悲としています。室町末期より、吉田神道の発展とともに広く流行しました。

託宣とは神のお告げのことで、三社託宣は、3つの教えを説いています。有名な託宣文は、現代風にすると、次のようなものです。

 

目先の欲にくらんで謀(はかりごと)をすれば、必ず神の罰にあたる。そのときには良いことがないように見えても、正直でいると最後には神々の恵みを受けることができる。

心汚れた人からのものを受けるぐらいなら、鉄の玉でも食べた方が良い。心汚れた人の所に行くぐらいなら、真っ赤に溶けた銅に座る方がましだ。

表面的にどんなに清めていても、心が邪(よこしま)だと、神は相手にしない。不幸が続いた家でも、そこの人に慈悲あるならば、神は穢れもかまわずそこへ行く。

 

当時の人びとは、このようにして人として良き道を生きようとしたのです。

 

 

昔の話ではなく、現在もなお、三社託宣が大切されています。

 

昭和35(1960)年に新道ができたとき、人の通らなくなったところにあれば忘れ去られる懸念があるので、現在の場所に移転したとのこと。小さな石碑ですが、後世までも守り伝えたいのです。