[野殿/石仏]六地蔵磨崖仏(6 Statues of Buddha)

野殿へ至る旧道沿いに、六地蔵磨崖仏があります。自動車が通る道からだいぶん入ったところにあり、歩いてしか行けません。上から行く道と、下から行く道を両方とも案内します。六地蔵磨崖仏は、むしろ、そのルートを楽しめるスポットです。

 

【上からルート】巨岩ごろごろアドベンチャー!(700メートル)

大げさに言うほど危ないわけではありませんが、高齢者、幼いお子さま、体力に自信のない方にはおすすめできません。

では、Let’s go!

スタートは、野殿の弁天池です。弁天池のわきの道を南へ(下の写真で向こう側)向かいます。軽トラが1台通れるていどの、舗装されていない道です。歩くのは容易です。

 

 

弁天池から150メートルぐらい行くと、下の写真のような場所に出ます。道路を横断して溝があります。写真では見えませんが、左側がちょっとした広場のようになっています。少女が指さしている方向へ進みます。

 

 

そこへ入っていくのは、下の写真のような感じです。道には見えません。昔はここを人が歩いていました。

 

 

まもなく、急な坂のつづら折れとなり、巨岩がちらほら見え始めます。足もとに気をつけながらおりていくと・・・

 

 

信じがたいほどたくさんの巨岩がごろごろ転がっています。「こんなもん、どこからでてきたんや?」と誰かに尋ねてみたくなるほど、奇妙な光景です。これらの岩は、大きすぎて、人間が乗ったぐらいでは動きません(たぶん)。

 

 

大きなヒノキ林と巨岩ごろごろ。なかなかの絶景です。

 

 

急な坂を下りきると、ゆるい下り坂となり、巨岩ごろごろも終了します。あれは、何だったんだ?

人が歩いて通れる程度の山道が続きますが、ところどころ、下の写真のように崩れています。写真の右側は小川が流れていますが、崖ではなく、川との落差も小さいので、滑っても危険は少ないでしょう。

 

 

巨岩ごろごろ終了から400メートルぐらい、弁天池から700メートルぐらいで、最初の堰堤があり、その横が六地蔵磨崖仏です。

 

 

 

【下からルート】ゆるりと散歩道(450メートル)

国道163号線ぞいの「おしはらレストラン」横から、村道大河原多羅尾線(野殿道)が野殿へ続いています。国道から3kmほど野殿へ向かって登ると、180度折れ曲がったようなカーブがあります。そこからさらに500メートルあまり登ると、下の写真のような地点に出ます。少女が指さしている方向が、入口です。ここに説明板が立っています。ここから先へは自動車では進入できません。

 

 

上からルートとはまるで違い、平坦に近い道で、幅もじゅうぶんあります。散歩気分で歩いていけます。

 

 

下の写真のように、倒木があるかも知れませんが、だいじょうぶです。

 

 

300メートルほど進むと、橋を渡ります。

 

 

橋を渡ってすぐ、堰堤が2つ続きます。

 

 

橋を渡ってから150メートルぐらいで、3つめの堰堤があります。ここが、目的地です。入口から450メートルほど、歩きやすい道です。体力に自信のない方でも大丈夫と思いますが、他に誰も通らないので、単独行動は避けて下さい。

 

六地蔵磨崖仏

いよいよ、目的地の六地蔵磨崖仏です。ここまで、お疲れ様です。

下の写真は、上流側から見た様子です。

 

 

下の写真は、下流側から見た様子です。

 

 

説明板より
野殿の旧道の磨崖仏

この巨岩は290センチメートル、幅620センチメートル、奥行き220センチメートルの花崗岩であり、六地蔵が岩に彫られている。像高41センチメートルの錫杖・宝珠形地蔵六体を半肉彫りにしたもので各頭光を負っている。

その左右に五輪塔が浮彫りにしてあり、左の地輪に「源阿弥」右には「妙一」と刻まれている。六地蔵にもそれぞれ法名が刻まれており、左から「妙心、妙一、妙道、源美、妙阿、源阿」とある。この磨崖仏の造立は室町時代のものである。

六体地蔵の上部には長さ172センチメートル、幅10センチメートル、深さ6.5センチメートルの溝があり、本は石か木の庇があったと思われる。

 

室町時代に人々がここを往来していたということでしょう。それにしても、6人のお名前は誰なのでしょうね?