[南大河原/寺社]真輪院(Shinrinin Temple)

恋志谷神社天満宮社のすぐ東隣に、真輪院があります。明治43(1910)年に、北大河原の真蔵院と南大河原の十輪寺とが合併し、それぞれから1字ずつとって新しい寺院名となって誕生した寺院です。

真蔵院は、江戸時代初期に開かれた真言宗の寺院です。

十輪寺は、柳生友矩の菩提を弔うために、柳生宗冬が正保4(1647)年に創建しました。剣豪・柳生宗矩は、柳生藩初代藩主にして将軍家兵法指南をつとめました。息子には、十兵衛、友矩、宗冬らがいます。友矩は、将軍家光から大名になるよう再三すすめられましたが、若くして亡くなりました。弟の宗冬は友矩の死を悲しんで、十輪寺を建てたとのことです。

隣の天満宮社とあわせ、柳生家と深いかかわりがあります。

 

説明板より
十輪寺跡(柳生友矩の墓) 大字南大河原

十輪寺は、柳生宗冬(柳生家三代藩主)が父宗矩の死語4千石を領した時、その領地に含まれていた南大河原村に兄友矩の菩提を弔うために建立したという。

柳生友矩は宗矩の次男として生まれる。母は京都の烏丸家の出であり、慶長8年の生まれ、幼名を左門と称し、文武両道に優れ容姿端麗で15才で将軍家に仕え、寛永11年(1634年)6月、22才で徒士頭、同8月刑部少補友矩となった。その年11月2000石を受け、高尾・大河原を治めた。家光の側近の一人として破格の出世をするが、あまりに家光に近付きすぎたため父の怒りにふれ柳生の里に謹慎、病床につく。その後寛永16年6月に27才の若さで没した。現在の真輪院の東側に石碑も残っている。

 

 

真輪院の本尊は、江戸時代に作られた禅定印をむすぶ釈迦如来坐像です。真輪院には、平安時代の両界曼荼羅(絹本著色)、鎌倉時代初期の星曼荼羅(絹本著色)が現存しています。いずれも、文化財です。

 

 

真輪院の境内、道路沿いに、十三重の塔があります。

 

説明板より
十輪寺寺跡の十三重塔 大字南大河原

花崗岩製十三重塔で基礎の側面四方は素面である。塔身は高さ28センチメートル、幅は29.8センチメートル、下端は29センチメートルで月輪内に種字でウーン(阿閦)、タラーク(宝生)、キリーク(弥陀)、アク(不空成就)の金剛界四仏種子を配している。この塔は軒反の萎縮等から考えて室町時代中期の造立と考えられる。