[南大河原/施設]恋路橋(Koiji Bridge)

南山城村の中心部を東西に木津川が流れています。木津川には3つ、橋が架かっていますが、そのうちの1つが、ユニークな恋路橋(こいじばし)です。

何がユニークかというと、またの名を「沈み橋」とか「潜没橋(せんぼつきょう)」とかいうように、川の水量がふえると、沈んでしまうからです。

北大河原に、JR関西本線の大河原駅があります。駅前を、旧国道163号線が走っています。バイパスが開通してからは、交通量が少なくなりました。国道をわたったところに、木津川へ向けてくだる道があります。

 

 

川の水面近くにまでくだります。

 

 

下りきると、橋へさしかかります。この付近、昭和初期まで、船で渡るしかありませんでした。戦争中の昭和19(1944)年、燃料の亜炭を大河原駅へ搬出する必要があり、架橋工事が着工され、昭和20(1945)年3月、花崗岩を使用した石橋が完成しました。長さ95.3メートル、幅3.6メートルです。

 

 

橋のたもとに、「恋路橋」の標があります。平成8(1969)年、南山城村商工会が愛称を募集し、「恋路橋」と名づけられました。橋を渡った先が、恋愛・縁結びで知られる恋志谷神社です。

 

 

橋には、ガードレールなどなく、とてもシンプルです。幅は十分あり、作りも頑丈です。自動車も通れます。下の写真は、橋の上から上流側を見たようすです。ふつうの橋だと、川を見おろす視線になりますが、恋路橋は、川の高さで川を見る感じです。

 

 

水量が増えて沈む橋というのは、イメージしにくいかも知れません。下の写真は、台風通過後です。大雨が降ると、もっと水かさが上がります。このときは、だいぶと水が引いた状態です。橋へ向かう道路、先がありません。

 

 

さらに近づくと、完全に水没しているのがわかりますね。じつは、水没することで、橋が流されたり壊れたりするのを防いでいるのです。荒波が襲いかかっても、さからわず静かに身をひそめてやり過ごす。だからこそ、こわれることなく末永く続いていく。そんな恋の路を説いているかのごとき、恋路橋です。